テリをつくりだす真珠の構造はどうなっている?

真珠の輝きのことを「テリ」と呼びます。

オーロラのような、ピンクやグリーンのような色合いを持つ、

独特の輝きは、多くの人が惹きつけられます。

他の宝石にはないテリの秘密は、「真珠の構造」にあります。

真珠の構造を、図を用いてご紹介します。

テリについてはこちら▶︎真珠の輝き『テリ』

真珠の構造はどうなっている?

テリ(輝き)の正体は、アコヤガイが核の周りに形成する、

「炭酸カルシウムの結晶がレンガの様に層を成した構造」

にあります。

この炭酸カルシウムの結晶層のことを、『真珠層』と呼びます。

そして結晶と結晶の層の間を埋めているのは、

貝の分泌物であるたんぱく質です。

このたんぱく質は、真珠の『実体色』といわれる真珠本体の色をつくっています。

真珠の構造

真珠層の厚さはどれくらい?

ちなみに真珠層の厚さは、あこや真珠の場合、

0.3から0.7ミリほどの厚さです。

「え、そんなにうすいの!?」

と初めて聞いたときに思いました。

そのうすーい真珠層は、結晶層が幾重にもなってできているというんだから驚きです!

以上、「真珠の構造」について、図を用いてご紹介させていただきました。

お読みいただき、ありがとうございました。

真珠の結晶層は、真珠のオーロラのような色合いにも深く関係しています。

色合いについてはこちらをお読みください。

▶︎真珠の色は一つ一つちがう?真珠の色の正体とは