片方なくした真珠のイヤリング、探します

銀座の展示会期間中に、イヤリングの片方を紛失された方

からご相談をお受けいたしました。

ご両親から「成人のお祝い」として

あこや真珠のネックレスとセットでプレゼントされ、

大切なものなのだと伺いました。

とても立派なもので、パーツには18金が使われているものでした。

内容

・ペアを見つけて加工するまで
・ジュエリーの定番 長く使えうアイテム
・冠婚葬祭でも使えるホワイトゴールド

ペアを見つけて加工するまで

イヤリングをお預かりし、在庫パールを見直してペア探し!

大きさ、色合い、テリ、表面の状態、という順番で見ていきます。

特に大切なのは色合わせだと思っています。

パールは、同じように見えるものでも、実は色合いが異なります。

前回の記事で、干渉色のことをお話ししましたが、

実体色と干渉色の二つによって、色の出方が異なってきます。

グレーディングをするとき、あこや真珠の干渉色の評価は、

  • ピンク
  • ピンクグリーン系
  • グリーンピンク系

大まかに3つに分けられます。

実際には、はっきりと分けにくいパールもあったり、

そもそも干渉色が弱いパールもあったりします。

色が合っていても、表面にウロコのような、

シワのようなものが目立っていて、ペアを組めないこともあります。

パールは一つ一つ異なっているということを痛烈に感じながら、

これでもない、あれでもない…

と、パールと真剣に向き合いペア探し。

左 お客様のもの/右 ペアリングしたもの

お預かりした片方のイヤリングは、

パール、金属部分をクリーニングしました。

ちょうど耳の当たる部分が黒くなっていましたが、

もとの輝く金の姿に戻りました。

ペアを見つけたら、一度、写真をお送りして、

ご確認後に加工。

完成後、ご自宅へ発送させていただきました。

「久しぶりに両耳揃って、本当に嬉しい。想像以上の出来栄えにとても満足で、オーダーして本当に良かった。」

と、とても嬉しいご感想をいただくことができました!

大切なパールのお手伝いができて、嬉しかったです。

ジュエリーの定番 長く使えるアイテム

ファッション業界でも

「サスティナビリティ」「サスティナブル」

という言葉が使われていますね。

パールは、お母様から娘さんまで代々引き継がれる、

日本の文化の中では定番化されたジュエリー。

定番化されているからこそ、メンテナンスをしながら

永く使っていただけることもパールの魅力ですね。

成人祝いでプレゼントされることの多い

ネックレスとイヤリングのセットは、

持っていると冠婚葬祭に使うことができ、

いざというときに困らないものでもあります。

イヤリングは使っているときに、ぽろっと外れてしまうことがあります。

無くしたイヤリングが、もしも大切な思い出のあるものだったら…

と、想像するだけでもショックな気持ちになります。

冠婚葬祭でも使えるホワイトゴールド

以前、イヤリングのペアリングをオーダーいただきました。

その方が持っていらっしゃったのは、K14ホワイトゴールドでした。

「葬儀のときにも使えるから便利だったんだけど、片方無くしちゃって…」

と仰っていました。

ホワイトカラーの場合は、「喜びの席」でも「悲しみの席」でも使えて、

万能なアイテムです。

私が祖父からプレゼントされたのもホワイトカラー。

私は大したドレスは持っていないのですが、

何てことないドレスでも、

あこや真珠を着けるだけで格を上げてくれます。

イヤリングの片方がなくなると、いざというときに使えなくなってしまって、

本当にもったいないですよね。

捨てられるものではないですし。

ということで、ペアリングはお客様にとても喜んでいただけて、

私もやっていて良かった〜と実感しております。

オーダーやご質問は、お気軽に「問い合わせフォーム」またはInstagramのDMにてご相談くださいませ。

https://www.instagram.com/gracepearls.nsk

カテゴリー: Blog